「事前審査ってなに? 早めにした方がいいの? 事前審査に必要な5つの持ち物」

お家づくりガイド

こんにちは!ひげだるま(https://note.com/millecrepe0419)です!

これまで住宅会社さんの選び方や土地の探し方についてお話してきました。
以下の記事もぜひ合わせてご覧ください。


いよいよお家づくりが本格的にスタート。いくつかの住宅会社さんを回りながらその数を絞っていきます。

そんな中で判断する一つの基準である、建物や土地の価格
ご自身の予算を把握するためにもしておかなければいけないことがあります。
それが「事前審査」です。

今回はその事前審査とはいったいなんなのか、また事前審査を受けるために必要な5つの物をお伝えしたいと思います。

事前審査とは?

事前審査とは、仮審査、仮申し込みともいい、
住宅ローンを申請しようと考えている銀行に対して行うものです。

事前審査を行うことで、現状の所得状況や、借入、ローンなどの状況に応じて、いくらであれば住宅ローンの借り入れが可能なのかを教えてもらえます。
また金利が上乗せする場合はその利率や、上乗せしない借り入れ金額などについても教えてもらえるなど、住宅ローンについて基本的ながらも重要な情報を色々と教えてもらえます。

土地が決まり、住宅会社さんが決まり、いよいよ実際に住宅ローンを申し込むことになった際には「本申し込み」という申請を銀行に申し込むのですが、その前の「仮」の審査が「事前審査」ということですね。

住宅会社さんからしても、お客様の予算を把握できた方がより良い提案をすることができますので、多くの会社さんで事前審査を勧めることが多いように思います。

「まずはご予算の把握のためにも事前審査を受けていただいてもよろしいですか?」

何度か打ち合わせを進めていると、そのような言葉をもらった方もいるのではないのでしょうか?
ただ、その時にかなり悩まれる方が大半です。
お客様からすれば、どこの会社さんにしようかを迷っている中、「審査」という大仰な言葉を掲げられてもしり込みしてしまうのは当然だと思います。

「何を審査されるのだろう」
「そんなに気軽にしてもいいものなの?」
「事前審査をした会社に決めないといけないの?」

実際にそんな言葉をいただいたこともあります。


結論から言いますと、事前審査は気軽にしていただいて大丈夫です!
ご自身のお家づくりに対するご予算が分かっていない状態では、住宅会社さんを選んでいくことも難しいです。
ですのでお客様自身の為にも、事前審査を出して予算を把握しておくことは大事です。

お財布の中身を知るような感覚ですね。

審査される項目は先にも述べたように現在の所得・お借り入れ状況などから判断するお借り入れ可能な金額です。

ちなみにその審査結果は、住宅会社さんに対してのものではなく、お客様自身の証明となりますので、その結果を持って他の会社さんにお家づくりをお願いすることも特に問題ありません。

むしろ、せっかく掘り出し物の土地を見つけ、購入するために不動産会社さんに連絡した場合でも、事前審査の結果の有無を求められることが多いので、事前審査を通していないと土地は購入できず、最悪他の方に買われてしまうこともあります。
そんなことになったら悔やみきれませんよね?

そのためにもお客様には事前審査をなるべく早めに通していただきたいとひげだるまは考えております。
ではそのために必要なものとはいったい何なのでしょうか?

事前審査に必要な5つの持ち物

お客様自身で銀行に出向いて事前審査を行うこともできますが、
お仕事の都合などで出向くことが難しい方もおられるでしょう。そんな方は住宅会社さんにお願いすればOKです。

事前審査を申請するために必要な持ち物は基本的に5つです。
これからお伝えするものの他にも、銀行やお客様によっては追加で資料をお願いされることがありますが、基本的には問題ないでしょう。

事前審査に必要なもの

・免許証 ・保険証
・事前審査の申し込み用紙
・源泉徴収票または所得証明書
・印鑑

免許証・保険証

※本人確認の為。コピーで構いません。住宅会社さんにお願いする方は、住宅会社さんに持っていけばコピーをとってくれます。

事前審査の申し込み用紙

※住宅ローンを申し込もうと思っている銀行さんでもらうことができますが、多くの住宅会社さんではいくつかの銀行さんの用紙を保管してありますので、特に銀行に対してこだわりが無い方は住宅会社さんにお願いすれば、金利や勤務先などから判断していちばん適している銀行さんを教えてくれるのでオススメです。

源泉徴収票または所得証明書

所得からお借り入れ金額を主に判断するため、所得が分かる書類が必要になります。

会社員のかたは、会社からの給与額がわかる源泉徴収票。
自営業の方、または源泉徴収票を紛失された方などは所得証明書をご用意ください。
所得証明書はお近くの市役所や支所等でお取りいただけます。

印鑑

申し込み用紙に印鑑の押印が必要になりますので、申し込まれるかたのご印鑑をご用意ください。
ご夫婦の収入を合算して住宅ローンのお申し込みをされる場合は旦那様と奥様それぞれのご印鑑が必要となります。
※認印で構いませんが、シャチハタは不可です。

以上の5つを用意していただければ事前審査を受けることができます。
事前審査の申し込みを住宅会社さんにお願いする方は、コピーなども取っていただけるのでさらに気軽ですね。

狙っている土地を手に入れるためにも、またお家づくりに関しての予算を把握する上でもこの「事前審査」はなるべく早めに行っておくことをオススメします。
ただし、1点だけご注意ください。

この事前審査、期限が半年間となっておりますので仮にお家づくりを一度ストップして、再開する場合、期間が半年以上開いてしまったかたは、再度審査をやり直しとなります。
最新情報で住宅ローンのお借入額を判断してもらえるので安心とも言えますね。

ではこれからもお家づくりを楽しんでいきましょう!
ひげだるまでした。

コメント